20・30代から始められるワンルームマンションに強い投資会社紹介
あなたが不動産投資を始めたのは何歳のときですか? 不動産投資を始めたのは何歳のときですか? もっと詳しく
もっと若くに投資を始めていれば良かったと思いますか? もっと若くに投資を始めていれば良かったと思いますか? もっと詳しく
  1. オーナーになるためのワンルームマンションの投資豆知識

オーナーになるための基礎知識についてまとめました!

ワンルームマンション投資とは?

ワンルームマンション投資とは、その名の通り、ひとり暮らし用のワンルームマンションを購入して、毎月安定した家賃収入を得たり、売却した際の差額で利益を得たりすることです。

1980年代後半〜1990年代前半のバブル期に流行ったワンルームマンション投資は、安く買い、値が上がったら売って、その差額で利益を得るのが目的でした。昨今のワンルームマンション投資は、そのバブル期のワンルームマンション投資とは性格が異なり、確実な家賃収入を得て毎月の収入の足しにする、老後の年金のプラス収入にするという目的で行われるものです。そのため、誰も住まなくても構わないという商品であったバブル期に建設されたワンルームと、そこに長く人が住んでくれることを目的として建設されている現在の投資用ワンルームマンションでは、マンションの立地や質がかつてとは大きく異なります。

立地も良く、建築もしっかりしたワンルームマンションは、ローン返済が終わった後に自分で住むことを視野に入れることも可能です。

ワンルームマンションのオーナーに適した人は?

ワンルームマンションは、管理しやすいことや、1戸から始めてさらに経済的な余裕が出て来たときに戸数を増やしていくことが可能であることなどから、初心者向きと言われます。

ワンルームマンションのオーナーに適した人は?

個人投資家に投資・資産運用についてたずねると、30代までに投資に興味を持っていたと答えたのは約9割、未成年や20代の頃に投資を始めればよかったと答えたのは82%にも上りました。

理由は、投資を始めるのが早いほど投資に対する意識が変わるのが早くなる、早めに少額でも投資しておけば、お金の余裕ができた年代にもう少し積極的になれたと思う、若い頃のほうが万が一損失を出しても定期収入があった、などです。

多くの投資経験者が早いうちから始めたほうがよいと勧める投資ですが、初心者でも安心して始められるということを考えても、ワンルームマンションのオーナーに最も適しているのは、20代・30代の若者ということです。

良いマンションと良いタイミング

昨今、投資用に建設されているワンルームマンションは、借り手ができるだけ途切れないよう、多くの人が住みやすい、使いやすいと感じる質の高いものが多くなってきています。投資用に良いマンションとはつまり、自分が住む側だとしてもその家を選びたいと思う物件ですね。では良いタイミングとは何でしょうか。

国土交通省が2016年夏に発表した「不動産市場動向マンスリーレポート」を見ると、2013年からマンション価格が右肩上がりになっているのがわかります。価格が上がっているということは今買わないほうがいいのかな?と思いそうになりますが、実はそういうときこそワンルームマンション投資を始めるタイミングです。

なぜなら、首都圏の賃貸マンションの家賃推移を見てみると、価格の上昇にほぼ連動して2014年から家賃も上がってきているからです。高い家賃収入が見込めること以外にも、金融緩和により不動産投資ローンの融資枠、金利なども有利な条件になってきていることもあり、今の状況はマンション投資を始めるのに適した、良いタイミングだと言えるでしょう。

なぜワンルームがいいの?

ワンルームマンションは管理がしやすく初期費用が比較的抑えられることから、不動産投資経験の浅い若い投資家や初心者に最適の不動産投資であると言われています。

もっと詳しく
利回りってなに?

年間賃料を不動産の価格で割った数字を「利回り」と言います。

もっと詳しく
最もよくある失敗

利回りの低い物件を高額で取得してしまうことが最もよくある失敗のひとつ。

もっと詳しく