20・30代から始められるワンルームマンションに強い投資会社紹介
あなたが不動産投資を始めたのは何歳のときですか? 不動産投資を始めたのは何歳のときですか? もっと詳しく
もっと若くに投資を始めていれば良かったと思いますか? もっと若くに投資を始めていれば良かったと思いますか? もっと詳しく
  1. 空室保障・家賃滞納保障のサブリース契約がおすすめ

空室保障・家賃滞納保障のサブリース契約についてまとめました!

サブリースとは?

不動産投資のオーナーにとって、いちばん怖いのが家賃収入がゼロになる空室期間が長引くことです。ローン返済中であるならばなおさらですね。

サブリースとは、手数料を支払って空室の期間中も一定の賃料を保証してもらえるサービスのことです。実際には空室期間中だけでなく、入居者がいる場合でも家賃滞納によってオーナーの収益はゼロになってしまいます。そんなときもこのサブリースは変わらず一定の家賃をオーナーに支払い、滞納家賃の取り立てを代わりに行ってくれるのです。

サブリースは、パートナーである不動産会社が一度その物件を一定の家賃でオーナーから借りる形にして、それを入居者に貸すというシステムです。不動産会社がオーナーに支払う賃料の設定は契約時に決定されます。また、不動産会社によってこのサブリースの細かい内容は大きく異なるので、必ず確認してから契約しましょう。

サブリースの保証内容は必ず確認しよう

サブリースの保証内容は必ず確認しよう

空室時や家賃滞納時も含めてつねに一定の賃料を支払ってくれる安心なサブリースシステムですが、不動産会社によって保証内容が違います。

毎月の保証賃料の設定に関する条件や、保証期間、空室が出た場合の入居者募集から敷金礼金の取扱いまであらゆるタイプがあります。特に保証期間は最初の数ヶ月、数年間というものから30年以上に及ぶものまで、本当に様々です。また一定期間を過ぎると賃料を下方修正されるケースや、数年ごとに賃料を見直すと明記されているものもありますので、期間だけを見て判断しないように注意しましょう。

サブリース=空室保証、とだけ解釈して早合点してはいけません。不動産投資会社の多くがこのサブリースを提唱していますが、契約してしまってから話が違う、と後悔してももう遅いのです。1つ1つ精査して、投資契約を行う前に、必ず自分がこれから契約しようとしているサブリースの中身しっかり確認しておくことが大切です。

サブリース契約の注意点

サブリースシステムは、不動産会社またはサブリース会社が当該物件を一括借り上げすることで一定の家賃収入を保証する仕組みです。つまりこれは、一定期間オーナー側のリスクが軽減される代わりに、入居者に対するその物件の権限がサブリースを提供している会社に移ると考えたほうが良いでしょう。

サブリースシステムが適用されている期間中におけるリフォームや修繕費用などについても、決定権はサブリース会社側にあります。こういったことが発生した場合の対処についても各社の契約内容によって異なりますが、リフォームや修繕を依頼する会社はサブリース会社が決めて、その費用は手数料としてオーナーに請求されるというケースもあります。

サブリースを利用するかどうかは、空室リスクが現在の自分の状況に与える打撃がどれだけのものかをよく考えて、利用するべきかどうかを決めれば良いと思います。自分の資産状況と契約内容を照らし合わせて、条件が合うならばうまく利用すると良いでしょう。

なぜワンルームがいいの?

ワンルームマンションは管理がしやすく初期費用が比較的抑えられることから、不動産投資経験の浅い若い投資家や初心者に最適の不動産投資であると言われています。

もっと詳しく
利回りってなに?

年間賃料を不動産の価格で割った数字を「利回り」と言います。

もっと詳しく
最もよくある失敗

利回りの低い物件を高額で取得してしまうことが最もよくある失敗のひとつ。

もっと詳しく