20・30代から始められるワンルームマンションに強い投資会社紹介
あなたが不動産投資を始めたのは何歳のときですか? 不動産投資を始めたのは何歳のときですか? もっと詳しく
もっと若くに投資を始めていれば良かったと思いますか? もっと若くに投資を始めていれば良かったと思いますか? もっと詳しく
  1. 投資会社選び!悪徳業者もいるので注意が必要

悪徳業者の見極め方や投資会社選びの注意点についてまとめました!

失敗しない不動産投資会社を選ぶポイント

投資会社選びは、オーナーになる人のその後の人生に大きく関わる一大事です。慎重に選ばなければならないのはもちろん、その際に注意するポイントを以下にまとめました。

賃貸管理業務を一括代行

投資用物件を購入する際のパートナーであった不動産会社がそのまま投資運用開始後もパートナーとして管理業務をやってくれたらとても安心です。何か問題が起こったときに、たらい回しにされて責任の所在が曖昧になることも避けられます。

入居者募集に関するノウハウを持っている

マンションオーナーにとって最も恐ろしい空室リスク、これを軽減するには入居者募集をしっかりしてくれる不動産管理会社とパートナーになることがいちばんです。

スタッフが親身になって相談に乗ってくれる

不動産投資は、人生の何分の1かの時間をかけて行う一大事業です。この間相談に乗ってくれて専門的な視点でアドバイスしてくれる信頼できるパートナーがいるかどうかで、その投資が成功するかどうかも決まってきます。

経験の浅い投資家を狙う悪徳業者

不動産投資に関する知識も経験も浅い投資初級者は、悪徳不動産業者にとってはいいカモです。私たちは、利回りが必ずしも収益に直結するデータではないこと、物件の収益はその場所や築年数、構造、耐用年数、その他の条件に左右されることなどを十分承知していますが、どうしてもこの利回りの高さを数字で見せられると魅力的に感じてしまうこともあるでしょう。

経験の浅い投資家を狙う悪徳業者

たとえば首都圏以外の場所にある、築年数が古い、駅から遠い、といった悪条件のもとで利回りが高いことを売りにしているような物件があったら、それは何かあると疑ってみることが大事です。

またそういった物件を、高利回りを売りに宣伝しているような不動産会社は少し注意したほうがいいでしょう。経験が浅いのをいいことに釣り物件で連絡を取り、とにかく契約させようとする悪徳業者はたくさんいますので、それを見抜く力を身につけなければなりません。

電話勧誘などのトラブル対策

不動産投資のしつこい勧誘電話についてはよく耳にします。自宅だけではなく職場にもかけてきて、「絶対に利益が出ます!」「まず損をすることはありません!」などと言い続け、不動産投資を行う予定はありません、と断ると今度は脅しにかかってくるといった本当に悪質な実例もあります。

こういう場合の対処法はまず、電話があった時点で相手の「会社名・担当社名・電話番号」を聞きます。しっかり聞き取ってメモしましょう。しつこくかかって来ている場合は、何日の何時頃に何回かかってきたかもメモしておくと良いと思います。毅然とした態度で、「不動産購入の意志はありません。今後一切の電話連絡をお断りします」とはっきり伝えてください。

それでもしつこい勧誘が続くようでしたら、国土交通省や都道府県の宅地建物取引業担当課にも相談できます。また契約に関してトラブルになった場合は地域の消費生活相談窓口に行ってみましょう。

なぜワンルームがいいの?

ワンルームマンションは管理がしやすく初期費用が比較的抑えられることから、不動産投資経験の浅い若い投資家や初心者に最適の不動産投資であると言われています。

もっと詳しく
利回りってなに?

年間賃料を不動産の価格で割った数字を「利回り」と言います。

もっと詳しく
最もよくある失敗

利回りの低い物件を高額で取得してしまうことが最もよくある失敗のひとつ。

もっと詳しく